ビデオとTAB譜で明解!クラシックギター名曲「大聖堂(作曲:バリオス)第1・2楽章」コンプリートマスター講座

この講座をUdemyで購入する(6,000円)この講座をシェアウィズで購入する(6,000円)

講座の概要

「大聖堂」はバリオスの代表的な作品。映画「マチネの終わりに」の劇中で福山雅治さんが演奏していた第1・2楽章のギターの演奏を完全マスターしよう!

このコースで学習する曲の詳細

「大聖堂」(バリオス)について

アグスティン・バリオス・マンゴレ(1885-1944)はパラグアイが生んだ最高のクラシック・ギタリスト兼作曲家と言われています。

彼の作風は「ギターのショパン」と言われるように、甘美なメロディーと緻密な和音構成に基づく、彼ならではの独特な音楽世界と言えるでしょう。

今回、取り上げる「大聖堂」はバリオスの代表的な作品で、第2楽章アンダンテと第3楽章アレグロはウルグアイのモンテビデオの大聖堂で着想し、1921年に作曲。
第1楽章プレルディオ(プレリュード)はキューバのハバナの大聖堂で着想し1938年に作曲したと言われています。

第2楽章アンダンテは大聖堂に集まった信徒たちの祈りの念を、第3楽章アレグロは祈りを終えて外の通りへ出て行く人々の感動の余韻をとどめた足取りを表現しています。
第1楽章プレルディオ(プレリュード)は前奏曲の意でサウダーデ(郷愁)の副題を持ちます(※当初、日本では「大聖堂」の楽譜は第2楽章と第3楽章のみが売られていましたが、後にヘスス・ベニーテス氏により第1楽章が付け加えられて出版されました)。

受講の際に必要なレベル

  • ギターを初めて2年以上、またはセーハ(左1指で複数弦を押さえる技術)が出来る中級以上の方
  • 以前、この作品に挑戦して挫折したことがある方

このコースで学べること

  • バリオスの名曲「大聖堂」第1・2楽章の左手で押さえるポジションが「実際に弾いているビデオ」で確認できます。
  • 数小節ずつ区切り、それぞれの押さえ方のコツと付随する音楽表現が学べます。
  • 右指のタッチや「練習の際に気を付ける事」についての具体的なアドバイスがあります。
  • 自然ハーモニクスと技巧ハーモニクスの具体的な演奏方法が学べます。
  • 模範演奏を真似ることで、一通りの演奏表現を会得できます。
  • 「ギターの楽器パネルと連動する楽譜のビデオ」で左手の押さえのポジションが確認できます。

こんな方におすすめ

  • ギター中上級者が対象。
  • セーハ(人差し指で複数弦を一度に押さえる技術)が出来る方が望ましいです。(*できない方は、この曲でセーハに取り組むのも一つの方法です。)

全楽章を受講されたい方へ

本来は第1~3楽章全てをレクチャーする予定でしたが、あまりにも長時間になってしまうことから、あえて、第3楽章を別の講座として切り離しました。第3楽章は「クラシックギター名曲「大聖堂第3楽章」コンプリートマスター講座」をご確認ください。

この講座をUdemyで購入する(6,000円)この講座をシェアウィズで購入する(6,000円)

Follow me!