13アポヤンドの弾き方

1-アポヤンドとは?

「アポヤンド」とはスペイン語で「隣にもたれかかる」という意味で、弦を弾いた後、隣の弦に指をつける弾き方です。(これに対し、隣の弦に指をつけない弾き方を「アルアイレ」といいます。)

2-実際の弾き方

アポヤンドの弾き方

弦を弾いた後、隣の弦に指をつける弾き方です。

3-アポヤンド奏法で気をつけること

一度、指を弦に置いてから、弦を弾く(はじく)ことが大切です。音色が安定しませんので、決して、上から叩くように弾かないようにしましょう。